Junko Kato

加藤淳子

フランス政府公認通訳ガイド (Guide-conférencier)

ストラスブール在住 ストラスブール大学卒
アルザス公認ガイド協会(AGIRA)会員
旅行で訪れたアルザス地方にすっかり魅了され、渡仏を決意。 居ればいるほどその魅力にどっぷりつかって、遂にはストラスブール大学にてフランス政府公認通訳ガイドの国家資格を取得。 多様な歴史と文化を育む豊かで美しいアルザス地方を出来るだけ多くの方にご紹介したいと思っています。 アルザスと日本の文化・友好の橋渡しが出来たら、こんなに嬉しいことはありません。

アルザスについて

近いアルザス

アルザスはヨーロッパの中心に位置しています。パリからはフランス版新幹線、TGVで2時間半、ドイツのフランクフルトからも2時間半と、非常に訪れやすい場所です。
アルザスには短期滞在では足りない様々な旅の目的に合わせた沢山の観光スポットがあり、 長期滞在にお薦めですが、パリと合わせた観光にも、スイスやドイツの黒い森「シュヴァルツヴァルト」周辺の街と合わせた観光にも絶好の旅のポイントです。

近いアルザス
アルザスのマスコット、コウノトリ

アルザスのマスコット、コウノトリ

アルザスのシンボルといえば何と言ってもコウノトリ。赤ちゃんを運んでくるというお話はこちらアルザスでも健在。
また、コウノトリは渡り鳥で、北アフリカの方で越冬し、春になるとアルザスに戻ってくることから、「春を告げる鳥」とも言われています。どこのおみやげ屋さんにも沢山のコウノトリグッズが所狭しと並んでいます。

TEST02

アルザスは世界遺産と芸術の宝庫

2015年に建設開始から1000年を迎えたストラスブール大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されています。さらに、大聖堂のある地域は川に囲まれた浮島のようになっていて、この島全体も世界遺産として登録されています。

中世の美しい町並み

中世の美しい町並み

アルザスはフランスの極東に位置する地方ですが、17世紀半ばまでは神聖ローマ帝国に属していました。そのため、木組みの家が続く町並みなど、ドイツ色を色濃く反映した文化をいたるところで見ることが出来ます。

美味しいアルザス

美味しいアルザス

ライン川沿いに位置するアルザスは肥沃な土地で、その40%が農地です。アルザスの代表的な郷土料理、シュークルートのキャベツや、穀類の栽培が盛んです。また、北部ではホップの栽培が有名で、様々な地ビールを楽しむことが出来ます。

ガイドツアーのご案内1時間〜1時間半・2時間、半日、一日など

お客様のご希望に合わせたガイドツアーをご提案いたします。日時・所要時間・ご希望・参加人数など、お気軽にご連絡下さい。お見積りは無料です。

ガイドプラン例

ストラスブール観光 ストラスブール観光
コルマール観光 コルマール観光
ワイン街道の美しい村めぐり ワイン街道の美しい村めぐり
クリスマス市 クリスマス市
歴史的建築遺産・城塞 歴史的建築遺産・城塞
アルザスのグルメガイド アルザスのグルメガイド

その他のサービスお出迎え、レストラン送迎、イベント関連のお手伝いなど

お客様のご旅行に合わせ、様々なサポートをご用意しております。お気軽にご連絡下さい

  • ストラスブール駅または、ストラスブール国際空港とご宿泊先ホテルの間の送迎
  • レストランへのご案内(ストラスブール):ホテルからお客様ご指定のレストランまでお伴して、ご注文のお手伝いを致します。(食事は同伴いたしませんので、お帰りはお客様自身でお願いします。)
  • コンサートのご予約のお手伝い(ストラスブール):現地にて映画やコンサートのご予約をご希望の場合には、チケットの購入のお手伝いを致します。
  • お買い物のお手伝い(ストラスブール):お買い物の際に同行して通訳を致します。
  • その他、イベント関連のお手伝いなど、ご要望がございましたらメールにてご相談下さい。お見積りは無料です。
  • 上記ガイドプラン及び、サービスは一例です。その他ご希望がございましたらお問い合わせ下さい
  • お客様の移動にかかわる交通費、施設入館料等と、ガイドのストラスブール郊外・他地域への交通費、及びタクシー、チャーターバスなどをご利用の際の料金はお客様のご負担となります。
  • お支払いはユーロにてお願い致します。

プレス

新潮社「芸術新潮」

新潮社「芸術新潮」
2015年8月号(グリューネヴァルト特集)

ストラスブール観光のページにて載せていただきました。

アルザス地方紙DNA

アルザス地方紙DNA
2015年11月16日号

コルマール市と経済・観光協定を結ぶ岐阜県高山市の名産品の展示会がコルマールで開催された時の記事です。飛騨のお酒の試飲を担当させていただきました。

ビジネスパートナー

  • アルザス欧州日本学研究所 (CEEJA)
  • ストラスブール観光局
  • フード&シティーツアーズ